なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
このレビューは移転前のものです。

「油そば(670円)300g」@くじら食堂の写真10ヵ月ぶり。その間にテレビや雑誌にも取り上げられかなりの知名度になったようだ。
18:10到着すると既に2人の待ち。その後も次々とやってきて行列が途絶えることはなかった。
10分ほどで着席。今回は評判のいい「油そば」をチョイス。厨房には店主さんと助手さん。
食券を渡すと「麺の量が200gと300gから選べますがどうされますか?」と聞かれたので300gでお願い。
大抵の店なら「麺の量はどうしますか~」で済ませるところだが全ての客1人1人に同じように丁寧に聞いていたのが印象的だった。
さほど待たずに出来上がり。早速よく混ぜ合わせて頂きます。

麺はラーメンと同じものだと思うが、油そばだとスープではなくタレを纏うので表面がネチョッとしている。ラーメン同様茹でる前に手もみが加わるので強い縮れが入っており啜るのが非常に楽しい。モチモチ感とコシを併せ持った食感で300gでも「少ない!もっと食べたい!」と思わせてくれる。
タレはなんとなく「油ソバ専門店 一平ソバ」っぽい武蔵野地区によくあるタイプで適度なコッテリ感がある。まろやかな醤油ダレにネギ油+焦がしネギが個性を主張していた。
具はチャーシュー、メンマ、刻み玉ネギ、ネギ、水菜、糸唐辛子。
チャーシューは前回特製ラーメンで食べた物とは全く違うピンク色のモモ肉。最近流行りの低温調理されたもののようでやや歯応えがあった。
個人的に油そばはいつも生卵やラー油で味変して楽しんでいるんですが、今日は最後までそのままで食べてしまった。

特製ラーメンほどのインパクトはなかったですが油そばも非常に完成度が高いと感じました。
油そば発祥の地とも言える武蔵野・小金井地区ですが近隣の名店に全く負けてないですね。
次回はつけ麺を食べてみたい。接客は今回も素晴らしかったです。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 4件

コメント

おはようございます。キレイな油そばですねー
>表面がネチョッとモチモチ食感の麺
そして武蔵野スタイルのタレと来たら、正に私の理想の油そばです!!
そちら方面に行く機会を窺います。

近藤さん | 2015年1月29日 09:24

近藤さん、コメントありがとうございます。

この地区伝統のスタイルながら新店ならではの独自性も持っていてかなり気に入りました。
かなり注目を浴びている店なので今後行列がさらに伸びそうです。

A.U | 2015年1月30日 02:03